関門海峡は街歩きに最適なスポットだった!

4月21日、久しぶりの街歩きは門司港から下関・巌流島と歩いてみました。
天気は快晴。まさに街歩きにぴったりの日でした。
家内と二人で門司港へ。JR九州の4枚切符を使うと特急に乗っても片道1440円でおさまります。

1 門司港側

1 門司港駅周辺

博多から小倉までは特急ソニックで。小倉で鈍行に乗り換えて3つ目の駅が門司港駅です。

 

駅標もなんか昔風で渋いです。

 

 

 

門司港駅を出ると船で下関に渡ることもできますが、今回は関門トンネルを歩いて渡るために和布刈(めかり)神社方面へ行くことにします。門司港駅から和布刈神社までは「トロッコ列車」も走っています。

門司港駅周辺は「レトロ地区」といわれるように、昔の商館などが多く残っています。

 

旧門司三井倶楽部は現在観光案内所になっています。

 

 

 

 

 

 

駅の近所には門司電気通信レトロ館があります。

入り口には明治33年の日本最初の電話ボックスの復刻されたものが
設置されています。
中の電話はカード式の電話でしたが・・・。(笑)

 

 

 

2 ノーフォーク広場から和布刈神社

門司港からめかり公園までは県道261号線沿いに歩いて大体15分くらいです。

トロッコ列車のノーフォーク広場駅が見えたら、めかり公園入口です。

われわれが歩いているとちょうど、トロッコ列車に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーフォーク広場のシンボル。

ここからの詠めがまたすばらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーフォーク広場から遊歩道伝いに歩くと和布刈神社に到着。
私がこの神社の名前を知ったのは松本清張の「時間の習俗」でした。

 

 

 

 

 

和布刈神社に入ると

「海洋散骨」の案内

が。

家内と二人で「こういうのもいいかなぁ」と話しあいました。

そういう年になったんだなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

3 関門トンネル

和布刈神社からすぐのところに関門トンネルの入り口があります。
徒歩だと無料で渡れます。
エレベーターで地下に降りてトンネルを渡ることになるのですが、エレベーター前に「強風の際には安全のため止まることがあります」という但し書きが。

閉所恐怖症の自分としては、途中で止まることがないことを祈りつつ地下へ。

 

 

国道2号線に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

本州と九州の中間点です。

本州のフグはわかるのですが、九州のタコはなぜでしょうか。

 

 

 

国道2号線下関に着きました。

 

 

 

 

関門トンネル横断記念に下関側でスタンプを押してきました。門司港側にも同じものがあるはずですが、スタンプを押し忘れました・・・。

 

 

 

 

下関側の出口です。

 

 

 

 

2 下関側

1 壇ノ浦古戦場

関門トンネル出口を下関側から出ると壇ノ浦古戦場に出ます。
源平関係のモニュメント、長州藩の大砲などが並んでいます。下関側から見た関門海峡もきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はここでお弁当。

もう、最高のロケーションと空腹でたべる弁当がまずかろうはずがない。

 

 

2 赤間神宮

壇ノ浦古戦場から下関駅方面に向かって歩いていくと10分程度で赤間神宮へ。
壇ノ浦の戦いで幼くして亡くなった安徳天皇を祀った神社です。ここは「耳なし芳一」の舞台でもあります。

 

 

 

 

 

3 唐戸市場

赤間神宮から歩いて3分くらいのところに唐戸市場があります。
この日はお昼時に到着したので、大勢の観光客が来ていました。中に入ると各お店が寿司を販売しています。

 

 

 

 

 

4 巌流島

唐戸市場の横のカモンワーフに渡船の入り口があります。
ここから巌流島に行く船がでています。下関から船で10分くらいです。下関→巌流島→門司港というコースで運行している船もあるので、これをつかって帰ることにしました。

 

 

 

 

 

 

巌流島は予想以上に良かったです。何もないんですが、きれいな景色をみながら歩くには最高のロケーションでした。

 

3 まとめ

巌流島から門司港までは15分くらい。快適な船旅でした。関門海峡の2つの街を歩きましたが、1日で回るにはちょうど良い距離でした。
天気がよく、どこから見た関門海峡も素敵に美しかったです。

門司港ではおでんで乾杯。
至福の時です。

 

 

 

 

 

 

今回の歩数は14,953歩でした。

 

Follow me!